FXの各市場の癖!

 
 

 
暇だったので自転車でドライブスルーに行ってきました
 
途中で恥ずかしくなり、逃走しました
 
後輩のくせに偉そうな飯島君
相変わらず、暇人だな~
 
紅一点のまりちゃん
飯島君、アンタ忙しいふりして、毎日暇なの知ってるんだからね、だって友達いないじゃない
 
FXで一発逆転を狙っているさえない中村さん
私は暇があればFXの勉強とデモトレードで練習しています
 
おしゃれなFXの達人の加藤さん
さすが中村ぁ~、君が一番に上達するじゃろう~、今日はFXの時間や各市場の癖についてやるぞ
 

各市場の癖

 
土曜日と日曜日は休みですが、FXは24時間取引が可能です。
 
これは、世界の為替市場のどこかが常に開いているためです。
 
オセアニア市場から始まり東京、ロンドン、ニューヨークと順にオープンしてクローズしていきます。
 

オセアニア市場(ニュージーランド・オーストラリア)

 
4時~15時
 
前日のニューヨーク市場での取引がクローズ間際ということもあり、大幅に流動性が低下します。
 
とくに月曜日などは、ウェリントン・シドニー市場が世界で最初にオープンする外国為替市場になるため、流動性は極端に低くなります。
 
土曜日や日曜日に何か大きな事件などが起こっている場合には、月曜日のウェリントン・シドニー市場では、レートが大きく飛ぶこともあります。(窓)
 
オセアニア市場は、普段はそれほど大きく動かない市場です。
 
 

東京市場 

 
09時~15時
 
東京市場はアジア1の市場です。
 
ロンドンやニューヨークに比べると取引量が少なく、比較的落ち着いた動きになる事が多いです。
 
その値動きの少なさからFX初心者の方にとっては、ポジションを作りやすい時間帯ということが言えます。
 
簡単に言うと東京時間はトレンドになりにくく(一方向に動きにくく)レンジになりやすい傾向があります。
 
 

ロンドン市場   

 
17時~1時 夏時間は16時~24時
 
ヨーロッパ・ロンドン市場は、圧倒的にロンドン市場の取引量が多いです。
 
東京時間・ニューヨーク時間とかぶる時間なので取引量が非常に多いです。
 
取引量が多いということは、それだけ値動きが活発ということになります。
 
また、アジア時間にできたポジションについて、ヨーロッパ勢が損切りさせようとかき回して、仕掛けてくることがよくあることも頭の中に入れておく必要があります。
 
良く動く時間帯だがロンドン時間初動はだましやストップ狩りの動きがあり難しいと言えるでしょう。
 
上に行ったと思ったら下に行って、そしてまた上に行ったりします。
 
活発な投機筋が参入し、トレンドが出始めます。
 
 

ニューヨーク市場(アメリカ・カナダ) 

 
23時30分~6時 夏時間は22時30分~5時
 
為替市場の最後を務めるのがニューヨーク市場です。
 
ヨーロッパ・ロンドン市場とは半日重なっています。
 
ニューヨーク市場がクローズする前にはウェリントン・シドニー市場がスタートします。
 
したがって、ニューヨーク市場の午前中(日本時間で22時~1時くらい)の市場の値動きは他の市場に比べて大幅に高くなります。
 
この時間帯は、クセ者揃いの米系ファンド筋が活発に取引する時間帯でもあります。
 
米国発表の経済指標の数字によって、相場がダイナミックに動くのが特徴です。
 
指標発表も多くなるので、急にトレンドが変わる事もしばしばあるので要注意です。
 

まとめ

今回は各市場の特徴や癖について解説しました
それでは、さよなら~