一貫したルールに従う!

 

 
おはようございます、すいません朝からいい男です
 
イヤミな部長
朝に限らずブッサイクだよ~
 
後輩のくせに偉そうな飯島君
だから男は顔じゃねー、顔が悪くても他で補えるんだよ
 
紅一点のまりちゃん
飯島君、アンタは他に補える所ないからね
 
FXで一発逆転を狙っているさえない中村さん
今日もワーワー楽しいですねぇ
 
おしゃれなFXの達人の加藤さん
さぁ、今日はのぅ一貫したルールに従う事の重要さじゃ
 

一貫したルールに従う

FXのトレードは精神的な面が大きく影響します。
 
あなたの成功率を最大限まで高めたいなら、明確で首尾一貫した行動を取り続ける必要があります。
 
トレードにおいて、あなたの優位性とは繰り返し行えばトータルではプラスになる手法と、その手法を首尾一貫して守る事です。
 
一回一回のトレードで「恐怖」や「欲」に影響されてしまっては、あなたのトレードの優位性が発揮されることはありません。
 
自分の手法をを信じ、首尾一貫した行動を取り続けることです。

ルールを破って勝ったトレードは悪

そのトレードではプラスになったかもしれませんが、ルールを破っても勝てるんだというマインドになってしまいます。
 
遅かれ早かれいつか、それ以上の損失が待っています。
 
ルールを破って負けたならまだいいです、ルールを破って買ってしまった場合は直ぐにトレードを中止して、自分に何か罰を与えてください(トレードを1週間休む等)
 
「損切りすべき時に損切りする」トレードで一番に重要なルールであり、一番破ってしまう人が多いルールでもあります。
 
もっとも重要なルールが守れない所がトレードの難しい所です。
 
もっとも重要なルールが守れないのにトレードで安定的に勝てるわけがありません。
 
また、仮に他のルールが100%守れているとしても、最重要ルールが守れる自信が持てなくて、それでもなんとかなるものでしょうか?
 
ブレーキが効かない車には乗りたくないでしょう?
 
よほどの命知らずの人以外は乗りたくはないでしょう。
 
でも面白い事に、トレードではブレーキが利かない車で出かける人が多くいます。
 
日常生活ならまだしも、トレードの世界で多数派に入っていた稼げません。
 
なんたってトレードの世界は1割の勝ち組と、9割の負け組だからです。
 
勇気をもって多数派から抜け出さない限り、トレードで勝てることは難しいでしょう。
 
トレードで最大の問題は、やっぱり、「損切りできずに粘ってしまう」という事と、単なる悪あがきでナンピンして傷口を広げるという事です。
 
当然それまでにも「損切りを確実にやろう」とか、「ナンピンはダメ」とか自分に言い聞かせた事は何度もあるでしょう。
 
損切ができない人やナンピンをする人に何を教えてもトレードで勝つのは無理です。
 
ナンピンというのは「またやっちゃったよ~」というようなものではありません。
 
忘れちゃったとかのレベルではなく、自分の意志でやるものです。
 
そもそも、ナンピンをしてしまう人はトレードで稼ぐ気がないと思ってください。
 
損切りは大切だから、必ず実行しましょう。
 
よく聞く言葉です。
 
頭で知っているのと、心から理解しているのは天と地との差です。
 
損切りの大切さを心から理解するタイミングというのは人によって違います。
 
自分に言い訳しながら損切りに失敗し続けるのも、経験のうちかもしれません。
 
でも、トレードを趣味や遊びではなく、仕事として稼ぎたいと思うのなら、直ぐにでも自分に厳しくして悪い癖を治すことをお勧めします。
 
お勧めしますというか、必須です。
 

バイアスにかからない

他の人の意見は参考程度にしてください。
 
バイアスとは、先入観で物事を決めつけてしまったり、偏見などになります。
 
私たちは何かの価値を勝手に決めてしまっているのです。
 
「あのトレーダーはショートしてたな」「このインディケーター(いつもは見ない)もショートのシグナルを出している」
 
このようなことを思い、自分のトレードができなくなってしまうことは勝てていないトレーダーや初心者の方にとってはよくある話です。
 
そして、そのような先入観によりトレードで迷ってしまいます。
 
トレードはいかに自分自身を信じることができるのかが重要になります。
 
そのような先入観ははっきり言って邪魔なのです。
 
トレードルールを完璧に守れていない方が、そのような迷いを感じてしまったら余計にトレードルールを守れなくなってしまいます。
 
トレードではいかに先入観を抱かずに無駄なバイアスを感じないようにトレードしなければなりません。
 
相場は、見方によっては上がりそうにも感じますし、下がりそうにも感じます。
 
どちらにもレートが動く可能性はありますし、どちらにもレートは動きます。
 
ですから、トレードする際にはレートをニュートラルに見なければなりません。
 
そして、自分が決めているトレードルール通りにトレードをするのです。
 
問題なのは勝つことや負けることではありません。
 
トレードルールをいかに常に守れるかが重要なのです。
 
トレードルールを守れば勝てるのですから、トレード中はそのルールを守ることだけを考える必要があります。
 
常にフラットな気持ちで1つ1つのトレードに執着を持ってしまう人は確実に退場します。
 
1つ1つのトレードに意味はありません。
 
重要なのはトータルで勝つこと、1週間単位、1か月単位でプラスになる事が重要です。
 
負けトレードの後に取り返そうという気持ちが少しでもあったらその時点で負けです。
 
勝った後舞い上がって気が大きくなってもダメ、勝って兜の緒を締めよです。
 
トレードでは誰に教えられようと最後に判断するのは自分です。
 
自分を信じられるまで、過去トレやデモトレで信頼をつければ、自分を疑う事もなくなります。
 
確信が得れるまで練習することが重要です。
 

まとめ

今回はFXトレードで勝つ為には、いかに一貫したルールを守る必要があるのかを解説しました。
 
一貫したルールを守る、自分を信じる。
 
トレードには欠かせないものです。
 
もし真剣にトレードで勝ちたいのなら一度考えてみてください。