FXではメンタルやマインドが大切なのか?

 
アジアのジャスティン•ビーバー
 
後輩のくせに偉そうな飯島君
それを言うなら、アジアのメガネボンクラだろ
 
紅一点のまりちゃん
飯島君、アナタもビックリするくらいボンクラさんよ
 
イヤミな部長
まぁ一番のボンクラは中村に違いないよねぇ~
 
FXで一発逆転を狙っているさえない中村さん
ヒェッ、(絶対FXで結果を出して見返してやる)
 
おしゃれなFXの達人の加藤さん
じゃあボンクラさん達、今日もメンタル、マインドについてやるぞ
 

なぜFXでメンタルやマインドが大切なのか?

 
口酸っぱく言いますが、FXではメンタルが大事です。
 
もう一度言いますよ、FXは手法と同じくらい、いやそれ以上にメンタルが大事です。
 
トレーディングが成り立つのはメンタルのおかげともいえます。
 
そもそも人間の本能はFXや株のような投資に向いていないのです。
 
本能ですよ、本能というと睡眠欲、食欲、性欲の様に人間には避けられないものです。
 
ヒトってのは不思議なもので、期待値のみで意思決定はしません。
 
FXをやる人を群衆として人をとらえると、ある傾向が明確に見えてきます。
 
例えば、「100%、1万円がもらえる」のと、「コインを投げて表が出れば2万円、裏が出れば0円」のゲームだと、ほとんどの人が最初を選びます。
 
逆に、「100%、1万円払う」のと、「コインを投げて表が出れば2万円払い、裏が出れば全く払わなくていい」ゲームだと、今度はほとんどの人が後者を選びます。
 
これをプロスペクト理論といいます。
 

プロスペクト理論

これは、人は利益に対してリスク回避的な動きをします。
 
損失に対してはリスクテイカーの動きをすることを意味します。
 
まさに、チキン利食い早めに利益確定をしてしまう。
 
塩漬け損切ができない。
 
これは人の本能に根差した行為だといえるわけです。
 
そして、たくさんの参加者が集まると、しっかりとした傾向としてこの現象は起こります。
 
FXやトレードでは損小利大が大切と言われます。
 
こういった人間の本能で損大利小になってしまうの訳です。
 
この人間だれしも持っている本能によって、誰しも投資にもともと向いてないという事なのです。
 
だからと言って勝てませんよと言っているわけではありません。
 
みなさんは最初にFXに必要なマインドセットを知る事が出来ます。
 
そして事前に知る事でその対処ができるのです。
 
ここで言っていることを、ただ「ふーん」って受け流して、頭で知っているというレベルではダメです。
 
頭で知っているのと、心から理解して実践するというのは天と地との差です。
 
だれもが頭で知っていることを即実践できるくらいなら世の中の依存症なんて言うのは存在しません。
 
このブログで書かれていることは何より重要だと思って、何度も何度もみて実践してください。
 

まとめ

今回もメンタルの初歩の初歩
 
もともと人はプロスペクト理論の様にFXや投資に向いていないが、その対処法を学ぶことで稼ぐ事が出来る。
 
今後も続きます、さよなら~